スポンサードリンク

2011年12月23日金曜日

明石家さんまさんと火の玉~ごきげんよう

23日放送の「ライオンのごきげんよう」から、おもしろい話をご紹介します。今日のゲストは、三日目の”さんま”さんとモデルの藤井リナさん、声優の三ツ矢雄二さんでした。

サンタクロースの服装の”さんま”さんがサイコロで出したテーマは、「信じられない話」でした。小学校のとき、ムササビを捕まえたことがあるんだけども、これは本当の話で、奈良の小学校に現在も剥製が展示されているそうです。今日の話は、これは誰も信じてくれないと前置きして始めましたが、次のようなものでした。

”さんま”さんが小学生のとき、生まれ故郷の和歌山(”さんま”さんはその後奈良で育っています)の田舎での出来事だそうです。

あるとき友達とお墓に行き、そこで火の玉に出遭いました。色は青かったそうです。”さんま”さんは火の玉を捕らえようと思い、家に風呂桶(”さんま”さんがそう言いましたが、手桶のことでしょうか)を取りに戻りました。

墓場に戻った”さんま”さんは、友達に火の玉を追ってもらい(とうとうと鶏でも追うそぶり)、風呂桶をかぶせて、閉じ込めました。

そして、火の玉を捕まえてもらおうとして、家に戻っておじいさんに頼もうとしました。おじいさんの所へ行くと、おじいさんから「こら、なんでわしを風呂桶にいれたんだ」と言われたそうです。

その後、墓場に行って、風呂桶を開けてみると、中は空っぽだったとのことです。”さんま”さんいわく、あの火の玉はおじいさんのもので、自分が捕らえなかったら、おじいさんは死んでしまったに違いないとのことです。

この話をしても、誰も信じてくれないんや、とのことでした。
さあ、あなたは信じますか?信じませんか?

ウォーキング・グッズの情報はこちら   かさ・傘の情報はこちら 

0 件のコメント:

コメントを投稿