スポンサードリンク

2013年9月4日水曜日

朝ドラ”あまちゃん”の音楽裏話

NHKの朝ドラ”あまちゃん”が大人気を呼んでいて、いよいよ最終月に突入しましたが、最後はどうなるのでしょうね。

作者の宮藤官九郎さんの軽妙なドラマ作り、AKBなどのアイドル路線などをふんだんに取り入れ、あまりアイドルに詳しくない人にとってそういうものだ理解させてくれることも多く、話題が尽きませんね。

もちろんスタッフも主役の能年玲奈さんのあどけなさ、岩手弁などの魅力と、多彩な共演陣の達者な演技で大いに盛り上がっています。

それから、音楽も大変人気を呼んでいますね。このドラマの音楽はミュージシャンの大友良英さんが担当していますが、先日NHKの他の番組などで裏話を披露していましたので、少し紹介します。

オープニング曲は、例の歯切れがよく、快活な感じの曲ですね。大友さんによれば、曲を作るにあたっては、”あまちゃん”の舞台になった三陸の現地を訪れ、現地の人とも話をして、構想を練ったそうで、もちろん能年さんのイメージも織り込んで作ったということです。

ドレミファ・・・というメロディから始まり、親しみやすく、子供から年配者まで受け入れられているようですね。

また、ドラマの挿入歌「潮騒のメモリー」は、1980年代にヒットした映画の主題歌という設定で、主演の薬師丸ひろ子さんが唄って60万枚のヒットをしたことになっていますが、実は音痴(ドラマ上)のため、影武者として、能年さんの母親役の小泉今日子さんが唄っていたという、因縁話になっています。

この曲は、今回のドラマのために大友さんが作曲したものですが、1980年代のヒット曲という設定のために、苦労したようです。

いくつかの案を用意しながら関係者で打ち合わせながら練り上げていったということですが、まず宮藤さんの詞に、小泉さんがひとこと「激しく」という言葉を入れてはどうかと提案したそうです。大友さんは、小泉さんをさすが80年代の本物のアイドルと感心していました。

関係者の打ち合わせの時に、大友さんと知り合いの坂本竜一さんが飛び入りし、ある部分を盛り上げるために、アイディアを提案したそうです。

また、コーラスのグループが「三途リバー」というフレーズを入れてはどうかと提案するなど、みんなで手作りしたとのことでした。

このようなことから、楽しいドラマが生まれたのですね。

なお、宮藤さんは宮城県出身であり、また大友さんは福島育ちで、震災支援の”プロジェクト福島”も推進されていて、これら東北に対して思い入れが、ドラマを温かくしているようですね。

かさ傘いちばん   ハッピー・ウォーキング・グッズ  梅干しと健康のかわらばん          気ままな家庭菜園日記

2013年8月22日木曜日

イチロー選手 日米通算4千本安打おめでとう!

ヤンキースのイチロー選手が今日のブルージェイズ戦の第一打席で、三塁線を抜くヒットを放ち、日米通算4千本安打を達成しましたね。

われわれにとっては、なんとなくイチロー選手にすれば達成しても当然のように思わせるようなところもありますが、窺い知れないすごい努力の積み重ねの結果のようです。

オリックスで同時代にチームメートとして過ごして、メジャーも経験した田口壮さんは、彼について常に野球第一で練習や体のメンテナンスを怠らない、それをずっと貫き通していることを強調しています。

また、ヤンキースのチームメートのジータ選手も、田口さんと同様にイチロー選手がひたむきに野球に取り組み、常にストレッチで体をメンテし、本番に備えていることに感心と尊敬を覚えると言っています。

この大記録は、22年間大きな怪我、故障がなかった賜物でもありますが、それもこのような、自己管理を続けられた結果ということのようですね。

また、中京大学の湯浅教授によれば、バッティングフォームや体の使い方にしても、その年齢や日米の野球の違いに適応して、変化、進化させてきているそうです。

今日の4千本の直後には、試合が中断され、チームメートがみんな集まって祝福して、とてもいい光景でした。イチロー選手自身、こんなことをしてくれるとは想像していなかったので、大変感激し、半泣き状態だったと話していましたね。

また、イチロー選手自身は、このような実績は周りの人たちが作ってくれると感じたと言っていますが、以前とはコメントも変わってきたような感じがします。

以前は米国では、日米で通算することなど無視されていたと思いますが、今日のように大勢に祝福されたことは、イチロー選手や松井選手などの活躍で、日本の野球も認められたということなのでしょう。

本人は、年齢のことに偏見がなければ5千本も不可能ではないと言っていますが、どこまでやれるか、あまり無理にならない範囲で、精進を期待しています。


2013年6月20日木曜日

 ”いいとも”で波瑠さんのアンケート 救急車の経験者が4割越え!

女優、モデルとして人気急上昇中の波瑠(ハル)さんが、20日フジテレビのタモリさんの”笑っていいとも”のテレフォン・ショッキングに登場しました。

いろいろなトークの後、X/100アンケートで、「付き添いも含めて救急車に乗ったことのある人は?」と問いかけ、自分としては6人(?)と予想しましたが、スタジオの100人中、なんと44人が救急車に乗った経験があると回答しました。

これにはびっくりで会場もざわめきましたが、そこでタモリさんが、付き添いは除いて自分のために救急車を呼んだ人に限定して回答を求めたところ、それでも25人となりました。さらに救急車を呼ばなければ命の危険があった人と再々質問したところ3人が該当するとのことでした。

タモリさんはもし救急車を呼んでいなければ、今日ここには来ていないんですねと、笑いを誘っていましたが、それにしても4割以上の人が救急車に乗っていて、4人に1人は自分が、怪我か急病で救急車の世話になっているということですから、驚きですね。

救急車を気軽に呼ぶ人が多くて、本当に必要なケースに回せないということもよくいわれますが、それにしても今日の高率ぶりは予想以上ですね。

ところで波瑠さんがこのようなやや突飛なアンケートを出したのは、彼女が7月から放映予定の、”救命病棟24時”に出演するからかもしれません。松嶋菜々子さん他の出演で人気のシリーズで、今回は第5シリーズだそうですが、波瑠さんは看護師で出演します。
そんなことから救急車のアンケートになったようです。

ところで、波瑠さんの偏食についても、タモリさんとのトークで明らかになりました。基本的に、野菜関係は全然ダメで肉と卵ばかり食べているそうです。学校時代も母親がウインナーとか肉類と卵焼きのお弁当を毎日作ってくれたそうです。ほかのものは作っても食べないので、結果的にワンパターンになってしまたそうです。

常識的には美容にはどうかというところでしょうが、それでもこれだけ美人になっているのですね~。

かさ傘いちばん  ハッピー・ウォーキング・グッズ  梅干しと健康のかわらばん
気ままな家庭菜園日記


2013年6月10日月曜日

「いつやるの? 今でしょ!」林先生大活躍

大手予備校の東進ハイスクールの林修先生といえば、「いつやるの? 今でしょ!」でマスコミでも大ブレーク中ですが、9日もテレビのゴールデン3番組に相次いで登場し、人気ぶりは大変なものですね。9日放映ののさわりを少しご紹介しましょう。

まず、フジテレビ系「テレビシャカイ実験あすなろラボ」に、教師として登場しました。これは、高校中退の男女19名を生徒として、林先生が教室風の環境で、授業?、話しなどをするもので、初めに現代国語のテストをしてから、話しがされました。

大雑把にいえば勉強は好きではない彼らだそうですが、彼らに対して林先生の指導がどれほど通じるか試すという企画のようです。

林先生は勉強は自分が世の中で活動するのに役立つものだ、本を読み、利用しなさい、というポイントを強調していました。また、学校の成績のようなものはどうでもよい、肝心なのは、世に出てから、自分で創造し、解決できる力を身につけることだとも力説しました。

授業の前半ではあまり喰いついてこなかった生徒たちですが、林先生の挫折した人生経験
(2,000万円の借金など)も交えての話に、理解を示す生徒も現れ、授業後の感想でも勉強しますという人もいました。いやだったら途中退席もOKという前提でしたが、誰も退席しませんでした。

授業後の林先生のコメントでは、ストーリーを10種類くらい考えてきたが、今日は負けです、何も考えずにぶつかった方が良かったとのことでした。分かりますね。受験勉強のための予備校の先生が、今回のような生徒を相手にするのは戸惑いがあったことでしょう。

勝ち負けという言い方にはちょっと違和感もありますが、勉強したいという生徒が現れただけでも、よかったですね。

日本テレビ系の「おしゃれいずむ」には林先生ご夫妻が登場しました。夫妻は名古屋に住んでいますが、奥様は医師で、二人とも大変お忙しいようです。特に林先生は、各地を飛び回り家に帰るのは月に7~8日というすれ違い夫婦です。けれども、深いところでお互いを尊敬しあっているようすもうかがえました。

おもしろい話もいろいろありましたが、奥様からもらされた情報によれば、林先生は、どうも音痴くさい?、方向音痴でもあるらしい、片付けが苦手という、ウィークポイントもあるようです。

同じ日本テレビ系「行列のできる法律相談所」にも林先生が出演しました。先生は東大法学部卒をいうことで、離婚、借金など生活にまつわる法律問題のクイズに参加しましたが、これはあまり成績が芳しくなかったようです。

かさ傘いちばん  ハッピー・ウォーキング・グッズ  梅干しと健康のかわらばん
気ままな家庭菜園日記

2013年4月29日月曜日

杏さんのQに「 幽霊を見た人は二人」~驚きの「笑っていいとも」

29日のフジテレビ「笑っていいとも」のテレフォンショッキングにモデル・女優の杏さんが登場しました。いろいろなお話がありましたが、最後に驚いたのはX/100アンケートでした。

杏さんはフジテレビ系で放映中のドラマ「幽かな彼女」で幽霊の役を演じていますが、それにちなんで、今回のアンケートは、なんと、会場の100人のなかで、「幽霊を見たことがある人」は何人か?ということでした。

タモリさんもこんなアンケートでは問題にならないとの表情でしたが、杏さんは初志貫徹で、問題を変えずに、二人と予想しました。

会場100人の回答結果は、まさに二人だったのです。杏さんの予想が当たったことも驚きですが、実際に幽霊をみたことがある人が、この中に二人もいたことのほうがびっくりですね。

タモリさんが回答者に尋ねたところ一人の女性が手を挙げられ、夜行バスの隣の席に座っていたと説明しましたので、会場は騒然となりました。

杏さんは、4月9日に甲子園球場で巨人阪神戦の始球式もしていますが、そこでも幽霊役にちなんで白装束で、投球しました。今日のトークのなかで明らかにしましたが、杏さんは子供のとき、リトルリーグに入り、男の子と一緒にプレーしていたそうです。

その後は野球をしていないそうですが、始球式にあたり、練習してから臨もうとして、200球も投げ込んだそうです。女優さんの始球式といえば大抵はお遊びみたいなものでしょうが、杏さんは違います。

始球式の結果は今日は触れませんでしたが、練習のしすぎか、あまり力み過ぎたためかゴロになってしまったようですが、映像では流石の投球フォームを見せていました。

よくいわれるように男っぽいのでしょうね
ちなみに杏さんは小さいときから「アンちゃん」と呼ばれていましたが、いつの頃からかアンちゃんのニュアンスが「兄ちゃん」のようになってきたとも言っていました。

なお、杏さんの身長は174cmですが、高1から身長が大きく伸びたそうで、タモリさんは高1で身長が止まってしまったと残念がっていました。

かさ傘いちばん  ハッピー・ウォーキング・グッズ  梅干しと健康のかわらばん
気ままな家庭菜園日記