スポンサードリンク

2012年1月21日土曜日

体操金メダリスト・森末慎二さんのおもしろばなし

ロサンゼルスオリンピックの体操で金メダルをとった森末慎二さんが、NHKラジオに出演して、いろいろなエピソードを話していました。ブログなどの資料からも含めて紹介します。

よく知られていますが、森末さんはそのオリンピックで、個人・団体合わせて鉄棒を3回演技しましたが、3回とも10点満点という、信じられない実績を挙げています。

鉄棒での失敗はどういうときに生まれるかについて、森末さんは、「難しい技の部分で失敗はなく、そのポイントが済むと、頭の中でどう着地するかと考え、途中のことに注意がいかなくなり失敗することが多い」とのことでした。最後まで気を抜いてはだめということでしょうね。

森末さんは体操引退後は、芸能活動をしながら、現在は学校で教え、また、体操協会の役員をしたり大活躍ですが、芸能活動の中では、バラエティのほか、落語家や歌手としても知られています。

落語との関係は、意外ですが学生時代から、競技の前など眠られないときがあって、その癒しに落語を好んで聴いていたそうです。中でも亡くなった桂枝雀師匠の大ファンで、ロサンゼルスにもテープを持っていき、それで金メダルがとれたとまで言っています。

後日、テレビ番組で枝雀師匠と初めて会って、金メダルを直接見せて、大感激だったと話していました。森末さんは、落語を金原亭世之介師匠に入門し、後に金メダル亭慎二という高座名を持って、何回か高座にも上がっています。

あるとき、尊敬する枝雀師匠に稽古をつけてもらおうとアポイントなしで、師匠の自宅を訪ねました。家には居られるようですが、電話にも出てもらえず、4時間ほど隣の公園で過ごして帰ったそうです。数日後に師匠は自殺したということです。

森末さんが、今の時代の選手について、水泳の北島選手など有言実行型、体操の内村選手など緊張しないタイプなどが、頼もしいと言っていました。

やはり、有言で自分から言葉を発していると、自分でもその意欲が強まるし、周りもそういう風に受け止めて、支援してくれることもあるとのことでした。自分が今までそうしてきたようですし、石垣島へ家を造って移り住む自分へのエールでもあるようです。

ハッピー・ウォーキング・グッズ   かさ傘いちばん  梅干しと健康のかわらばん

0 件のコメント:

コメントを投稿