スポンサードリンク

2012年1月12日木曜日

なでしこ澤選手と佐々木監督 最高の栄誉

ご存知のように女子サッカー「なでしこジャパン」の澤穂希選手選手がFIFAの女子最優秀選手賞、佐々木監督が女子最優秀監督賞に輝きました。本当におめでとうございます。多くの方々から賞賛の嵐が寄せられていますが、私も雑感を記させていただきます。

授賞式の様子を見ると、あのような栄誉に輝いて本当はとても興奮していたのではないかと思いますが、二人とも落ち着いていて、自然体であったように見えました。

澤選手は、ワールドカップ優勝の時、トロフィーを掲げて喜びを爆発させていたときとは違って、昨年の園遊会でも見せた青色の振袖を着て、非常にすがすがしく、まさに大和なでしこの姿を世界に印象付けたと思います。

佐々木監督もタキシードを着用し、落ち着いていました。失礼ながら、あのような大きなセレモニーのステージに立つなどはあまり経験されていないと思われますが、堂々としていて、大きく見えました。

二人とも、これまで培った実績に裏打ちされていたのでしょう。澤選手の成績が素晴らしいのはいうに及びませんが、佐々木監督の監督としてのちからも高く評価されています。

受賞後もマスコミなどでひっぱりだこですが、伝えられるコメントも控えめで、好感をもって迎えられています。よくあるビッグマウスとは無縁のようで、なによりです。

それから、佐々木監督の奥様とお嬢さんが同行されて、テレビなどでも紹介されていましたが、家族の方々も、浮ついた様子もなく、ごく自然にふるまわれていたようで、感心しました。このような監督だから女子チームを上手くまとめていけるのかなとも思いました。

いずれにしても、全体をとおして新しい日本人を見るような感じがしたというのは、思い過ごしでしょうか。

ウォーキング・グッズ  かさ・傘  梅干しと健康

0 件のコメント:

コメントを投稿