スポンサードリンク

2012年3月5日月曜日

さんまのからくりTVメンバー 日体大で驚きの体験

4日放送の「さんまのスーパーからくりTVスペシャル」は、レギュラーメンバー全員で日本体育大学を訪れ、見学したり、体験するというものでした。

ご存知のように日体大は、短期大学も含めて日本を代表するアスリートを多数輩出し、過去のオリンピックで日体大関係者が獲得したメダル数は108個ともいわれます。

大学の施設もすばらしく、体育館も22もあるそうで、有力な運動部は専用の体育館を持っています。
中でも、体操部の体育館は体操競技に必要なすべての設備を備えているとのことで、恵まれた環境であることを紹介してくれました。

その体操部の練習風景は、田中理恵選手の段違い平行棒や内村航平選手の妹さんの平均台や鉄棒競技などを見学し、すごさを目の当たりにしました。

からくりメンバーは日頃、運動とはあまり縁がないようで、予想されたことですがドタバタのシーンを展開しました。
まず、あん馬の基礎をタレントの関根勉さんと長嶋一茂さんがトライしましたが、とても歯がたちません。

つぎに、タレントのつるの剛士さんは逆上がりができないということで、専門家の指導を受けてトライしましたが、なかなかすぐにはできません。

からくりメンバーはさんまさんをはじめ体が硬い人が多く、柔軟性を増すために、ラベンダー体操という、脱力ストレッチ(?)を体験しましたが、これは効果があるようです。

サッカー部では、リフティングに挑戦しましたが、さんまさんは過去の経験でまずまずでしたが、あとのメンバーはうまくできません。タレントの渡辺正行さん、長嶋さんはダメでしたね。まずバウンドリフティングで真上に蹴る練習を教わりました。

メンバーは体育館で学生による集団行動を見学しましたが、素晴らしかったですね。40人(?)のスーツ姿の学生が、号令によって行進し、フォーメションを次々に変えていくものですが、一糸乱れずに、リズミカルに行動するさまは圧巻でした。

いくつかの行動ではスローモーションといって、数人で動作を一コマずつコマ送りするコミカルな場面も演出し、驚くほどでした。

調べてみると2~3年前から、インターネットでも取り上げられ、知る人ぞ知る存在だったようです。
なにか須藤元気さんのパフォーマンスも同じ流れのものかもと思いました。

ハッピー・ウォーキング・グッズ   かさ傘いちばん  梅干しと健康のかわらばん

0 件のコメント:

コメントを投稿