スポンサードリンク

2012年3月25日日曜日

ソフトバンクのCM 鳥取のハワイ、糸電話に賛否の反響

ソフトバンク携帯のテレビCMは、ご存知のようにユニークな発想で、以前から見る人を楽しませています。

2月から放送されたCMでは、「鳥取のハワイ、まだ糸電話が」とりあげられ、反響を呼んでいます。面白いのは間違いないのですが、「今でも鳥取では糸電話」というジョークが、鳥取を馬鹿にしているとの批判もあり、ネット上でも論議があります。結局CMは別のバージョンに移っていますが、ちょっとご紹介します。

人気シリーズの白戸家では、お父さん犬(カイくん 声 北大路欣也さん)、樋口可南子さん、上戸綾さん、若尾文子さん、ダンテさんなどを使い分け、人気を博してきました。

そこへ、最近トリンドル玲奈さんを加えて、面白いCMになっていますね。
外国人のトリンドルさんが白戸家へ下宿する設定で、自分は”ハワイ”出身だといい、いぶかしんだ白戸家の人たちに”ハワイ”といっても「鳥取の”ハワイ”だで」といいます。

なぜ鳥取県かというと、トリンドルさんの名前がトットリ(鳥取)につながっているようです。

それから確かに鳥取県には、かって羽合町(はわいちょう)がありました。現在は合併により湯梨浜町となり、羽合町はなくなっていますが、本場ハワイと友好都市を結び、当時は確か役場の人たちがアロハシャツを着ていたと思います。東郷湖のほとりには「はわい」温泉もあります。

CMでは、続けて「鳥取ではいまでも糸電話だ」と軽口をいいます。お父さん犬から聞き返されて、「そんなわけないじゃん」と謝り、犬にチューをし、お父さんをあわてさせます。

そんなCMですが、発想の面白さ、会話のテンポの良さなどが、視聴者から大いに受けています。

そして、波紋は鳥取の現地にも及び、電話やインターネットで問い合わせが急増、はわい温泉や東郷温泉を訪れる人が増えて、喜んでいるそうです。

ただ、一方では、鳥取がまだ糸電話を使っているというシチュエーション設定について、鳥取を馬鹿にしているという声も結構あるようです。確かに地元の人にとっては愉快なことではないと思いますが、ジョークと割り切る人も多いとの見方もありますし、前記のように、はわい温泉あたりでは歓迎しているようです。

管理人は鳥取とは別の、いなかの出身ですが、糸電話うんぬんについて、決して鳥取を馬鹿にしているものとは思いません。ご寛容のほどを。

さらに、余談として、エイプリルフールには一週間早いですが、こんな情報もあります。「役所の発表によると鳥取では突風が吹いて糸電話の回線がからまり、通信障害になっている」ということです。ソフトバンクのCMを踏まえたパロディですが、こういうものもあるのだという感じです。
暇と関心のある方は、こちらからどうぞ。http://kyoko-np.net/2012030101.html

かさ傘いちばん 梅干しと健康のかわらばん  ハッピー・ウォーキング・グッズ

0 件のコメント:

コメントを投稿