スポンサードリンク

2012年6月11日月曜日

金環日食とデビ夫人・出川さんinアメリカ

10日放送の日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」では、デビ夫人と出川哲朗さんが金環日食を両手で支え、感激の抱擁というシーンが伝えられました。

5月21日は日本で多くの人が、金環日食を観察し感動を味わいました。ところが、今回の放送によれば、こんなスポットもあるのだと驚かせられ、感動を新たにしました。

今回の金環日食は日本が観測の好適地ときかされていましたが、アメリカでも観ることができたのです。テキサス州の片田舎の町(ラボック)では、見渡す限りの平地で本当の地平線に太陽が沈むのです。残念ながら日本では望めませんね。

そして、今回の金環日食はこの地では日没直前に金環が現れるということが、予測されました。そのスポットの割り出しには、NASA公認の天文学者の協力があったということです。

イッテQの企画では、この金環を二人の人物とからませて撮影し、テレビの放送とともに、作成中のイッテQカレンダーに仕立てたいというものでした。

選ばれた人物は、デビ夫人とリアクション芸人の出川哲朗さんです。この二人が金環日食状態の沈む太陽を、両手で支えるポーズをとり、カメラが望遠レンズで撮影しました。

この地は平らであることのほか、空気が乾燥してほとんど雲がかからないということで選ばれましたが、当日も、肉眼で大きな金環日食を見られました。

しかし、映像として巧く金環日食を支えるようにとらえられるかどうかは、ぶっつけ本番です。金環と日没というタイムリミットもあり、緊張の中で、二人の位置や手の上げ方を微調整し、見事に成功しました。その感動は観るものにも伝わりました。

デビ夫人と出川さんはシナリオどおり、抱擁をかわしましたが、自分たちも本当に感動していたと思います。ちょっと濃いキャラのお二人ですが、その場ではいくらか純化されたのではないでしょうか。

かさ傘いちばん  ハッピー・ウォーキング・グッズ  梅干しと健康のかわらばん
気ままな家庭菜園日記

0 件のコメント:

コメントを投稿