スポンサードリンク

2012年12月17日月曜日

中村勘三郎さんを偲んで

大女優森光子さんが亡くなって間もないのに、今度は歌舞伎の中核的存在でもある中村勘三郎さんが亡くなられましたね。

しかも勘三郎さんは57歳という、まだまだ働き盛り、伝統芸能の世界ではこれから円熟味を発揮していくという若さでした。

歌舞伎については門外漢の私ですので、詳しいことは分かりませんが、おぼろげながらその存在の大きさを感じていました。

純粋に古典的な演目から、現代的な演出による歌舞伎や、平成中村座を各地で披露したり、ニューヨーク公演など幅広い角度から歌舞伎を世に提供してみせました。

また歌舞伎以外にもテレビドラマなどの出演も多くありました。バラエティ的な番組にも出演し、生の人間性を伝えてくれました。 そこから受ける印象は茶目っ気とエネルギーに溢れた人という感じでした。

誰か(もしかしたら大竹しのぶさん?)が言っていましたが、会う人すべてが勘三郎さんを好きにならずにいられないそうで、そのためか交友関係が無類に広いようですね。

どういう関係なのか分かりませんが、女優の大竹しのぶさん、演劇の野田秀樹さん、元巨人軍の江川卓さんも勘三郎さんを看取られたということで、交友の広がりを感じさせました。

お通夜や密葬は近親者で行うということでしたが、交友のあった人があんなにも大勢自宅に赴き、別れを惜しんでいました。いてもたってもいられず、行かずにはいられなかった ともいわれます。

なお、NHKラジオで元アナウンサーの山川静夫さん、彼はずっと歌舞伎のファンで研究もされ、勘三郎さんとも親しいそうですが、勘三郎さんの芸の基本は踊りの名手であることで、そのために何をやっても押さえるところはきちんと押さえているので、観るものを魅了するとのことでした。

素人ながらもなるほどと思いました。 ついでに、NHKの女子アナの一人は、勘三郎さんからメールをもらっているそうですが、周りの人に実にこまめに気遣いをしていたようですね。

これだけ多くの人に好かれた名優を失ったことは、本当に残念ですね。
ご冥福をお祈りします。

かさ傘いちばん  ハッピー・ウォーキング・グッズ  梅干しと健康のかわらばん
気ままな家庭菜園日記

2012年12月11日火曜日

ずん飯尾さんの結婚が急展開 関根勤さんが明かす

お笑いコンビの”ずん”は最近秘かな人気を呼んでいますが、ことに飯尾さんは一見お笑い芸人らしくない不思議なキャラクターで、逆に関心を引いています。

その飯尾さんが最近結婚することが決まりましたね。 それは6日のフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」で放送されたことですが、今日小堺一機さんの「ライオンのごきげんよう」に関根勤さんが出演し、舞台裏を明らかにしました。

そこには意外な展開と感動がありました。
「とんねるずのみなさんのおかげでした」では、ターゲットにした人物の家にみんなで押しかけて、やりたい放題ともいえるさまざまな仕掛けで、楽しもうというコーナーがあります。

今回は”ずん”飯尾さんの実家に石橋・木梨さん中心に関根勤さん、麻里さんほかが押しかけました。 関根さんによると、”ずん”は関根さんや小堺さんの後輩にあたり、日頃から親しいそうですが、飯尾さんには12年来の彼女がいました。それが昨年別れてしまいました。

しかし飯尾さんはいまだに彼女を好きらしいということをフジテレビのスタッフが聞きつけ、番組の仕掛けが始まりました。

飯尾さんの実家に押しかけるときに、秘かに彼女を呼んでおき、飯尾さんから「もう一度付き合ってください」と告白させようとしました。

番組としては、飯尾さんがノーと振られて、笑いをとることを計算していたそうです。ところが、飯尾さんはテンパってしまって、なんと「結婚してください」と言ってしまいました。

そうしたら以外にも彼女は即結婚を承諾してしまいました。 昨年別れたのは、飯尾さんがこれ以上彼女に迷惑を掛けられないからということで、お互いに相変わらず好きだったのです。

お笑いをとるはずが、めでたしめでたしの感動のフィナーレとなり、関係者もうるうるとなりました。関根勤さんによれば、娘麻里さんが涙を流すのを初めて見たそうです。

かさ傘いちばん  ハッピー・ウォーキング・グッズ  梅干しと健康のかわらばん
気ままな家庭菜園日記