スポンサードリンク

2012年4月25日水曜日

上戸彩さん 「関根勤さんの演じる大滝秀治さん」を熱望


22日のテレビ「行列のできる法律相談所」は「芸能人のワガママかなえます」というテーマで、さまざまな企画が紹介されました。ほんの一部を書いてみます。

ゲストのひとりは女優の上戸彩さんでした。上戸さんといえばお笑いが大好きということでも知られていますが、彼女のワガママとは数多い芸人の中から、、関根勤さんが演じる大滝秀治さんを生で見たいということでした。上戸さんは以前に関根さんがコント2700とコラボしていたのを見て、大変気に入ったそうです。

番組では、上戸さんの前に、まず2700の二人がが登場し、最近ブレークしている、例の「右肘左肘交互に見て」というパフォーマンスをやり始め、途中から大滝秀治さんにメーキャップした関根さんが加わり、2700のツネさんと同じいでたちで、一緒に「右肘は左肘交互に見て」をやり、上戸さんは大喜びでした。関根さんは軽快なステップでした。

以前から関根さんが大滝さんの物真似をするのはときどきTVでも登場していて、真似の捉えどころがすばらしいと思っていましたが、今回もすごく良かったですね。

ところで、大滝さんの物真似はいつごろからやっているのか、ちょっと調べてみました。はっきりとはしませんが、1990年代の始めころのようで、随分と年季の入った芸です。
大滝さん公認の物真似といいうことです。

大滝さん自身の話し方が、おかしいということはなく、味のある話しかただと思います。CMで有名な「山田の挨拶はつまらん!」というのもそうですが、物真似になって再現されると、面白いものに変化するんですね。

大滝さんといえば、最近体調を崩されたという話もありますが、早く回復してほしいと思います。

かさ傘いちばん  ハッピー・ウォーキング・グッズ  梅干しと健康のかわらばん

2012年4月21日土曜日

映画「わが母の記」に感動!

井上靖の自伝的小説を原作とする映画「わが母の記」の試写を観ましたので、感想などを書いてみました。

あらすじを紹介します。

井上靖自身がモデルである伊上という作家(役所広司さん)が、幼少期に親と離されて、親の生家で暮らしたことを、自分は捨てられたと思い込んでいました。

そのため、母親(樹木希林さん)とはわだかまりを持って接してきましたが、父親も亡くなり、母も年老いて、認知症になって、伊神と二人の妹で世話をする日が続きます。

母は目の前にいる息子(伊上)を息子と分からないまま、二人で話すうちに、息子が小学生の時に作った詩を諳んじていて、口にしてみせました。そこで、母が自分を愛していてくれていたことを悟り、号泣します。

いろいろ騒動もありますが、ラスト近くでは、母親の好きな海岸で伊神が母を背負って、波にたわむれ、母は眠るような表情をみせます。 伊神の家では妻と3人の娘(三女を宮崎あおいさん)が、母親の世話に振り回され、特に三女は伊上の日頃の態度、姿勢にもいろいろ意見をぶつけ、反抗しますが、次第に母(三女からは祖母)の世話をするようになります。

長文になりそうですので、この辺にとどめますが、伊上と母の葛藤、認知症の老人の世話という重たいテーマを、明るいタッチも交えながら、まとめた映画だと思いました。 観る人それぞれに考えさせる要素を数多く持っています。しみじみ感動するシーンもありました。

それと、映画の撮影は、井上靖の自宅、親の生家、別荘など実物を使い、それぞれが立派で美しいこと、また昭和の家族関係(父親の家父長的立場や親戚を含めた協力的姿勢)なども印象に残りました。

もちろん、役所広司、樹木希林、宮崎あおい、南果歩さんその他の大勢のみなさんも良かったと思いました。 ちょっと注文をつけるとすると、登場人物の関係が分かりずらく、特に親の生家の関連のおばーちゃん(伊上を育てた人で複雑な立場らしい)や親戚などは、ちょっと聞いただけでは呑み込めなかったです。

その辺はあまり説明する必要がないと判断されたのかもしれませんが、会話が早口だったせいもあり、分かりにくかったです。映画の本筋ではないかもしれませんが、背景が理解できないと、関連するお話についていきにくいという感じがしたのも事実です。

かさ傘いちばん   ハッピー・ウォーキング・グッズ   梅干しと健康のかわらばん

2012年4月17日火曜日

”さんまさん”が黙るとき~からくり替え歌選手権から


さんまの「スーパーからくりテレビ」で芸能人替え歌選手権が行われました(4月15日放送)。
今回は葛城ゆきさんがボヘミアンの替え歌で、持ち前の歌唱力と面白い歌詞で優勝しましたが、ほかにも多くの面白い替え歌が披露されました。

アンジャッシュの児島さんも登場し、東京03の角田さんのギターの応援を受けて、家政婦のミタのテーマ「やさしくなりたい」から「明石家にいいたい」という替え歌を唄いました。

唄はまあ普通というところでしょうが、”さんまさん”の素顔が浮かびあがりましたので、ご紹介します。

児島さんは"さんまさん"の麻雀仲間で、ときどきやるのだそうですが、児島さんは"さんまさん"にぶちまけたいことを歌にしたと意気込んでいました。 ちなみに、調べると児島さんは、プロ麻雀師の試験に合格しているんですね。

歌詞によると"さんまさん"は麻雀中でも、例によってしゃべりどおしで、例えば、児島さんがリーチをかけると、何かボケをやれとか、外で犬が鳴くと鳴き方が悪いと文句をいったり、静かに麻雀をやらせてほしいということです。

ところが、あるとき"さんまさん"の携帯がなりましたが、"さんまさん"は出ずに固まってしまいました。
メンバーがしつこく尋ねると、相手は別れた奥さんの大竹しのぶさんで、出ない理由は運が下がるからという返事でした。

番組のスタジオでも確認しましたが、そういうことがあり、理由はやはり運が下がるからということでした。

さすがの"さんまさん"も大竹さんには、いちもく置いているようです。それにしても、"さんまさん"自身が、大竹さんのことを「嫁はん」と、「別れた」という修飾なしで呼んでいたのも不思議でしたね。

かさ傘いちばん  ハッピー・ウォーキング・グッズ  梅干しと健康のかわらばん

2012年4月16日月曜日

平成ノブシコブシ吉村さんと研ナオコさんの意外な関係


平成ノブシコブシ吉村さんと研ナオコさんの意外な関係が明らかになりましたので、ご紹介します。
15日のテレビ「行列のできる法律相談所」では、ゲストの意外な友人を取り上げていました。ゲストの一人として今売れっ子の平成ノブシコブシの吉村さん出演し、彼によると大物歌手の研ナオコさんと友だちだということで、スタッフが確認しました。

確かに今までにも二人がメル友であることは知られていましたが、実際に若手芸人も含めてときどき飲み会をやるなど、結構お付き合いがあることが判明しました。

ところがお付き合いのいきさつは意外なことだったようです。研さんによれば、研さんの娘さんがお笑いが好きで、二人でときどきお笑いを観に行くそうですが、あるとき新宿のルミネTHEよしもとへ行ったとき、平成ノブシコブシが出演していました。

研さんとしてはそのときの吉村さんのスベリ具合が気になって、関心を持つようになり、あるとき吉村さんに電話しました。吉村さんの誕生祝に食事をしようと誘ったのだそうです。

吉村さんとしてはそれまで研さんをテレビのバラエティで見て知っている程度で、大物歌手であることすら知らなかったそうで、慌ててCDなどを買って、凄さに驚いたとのことです。

それをきっかけにときどき一緒に飲み会などをしているようですが、研さんは若手芸人、それもスベル芸人が好きだとは、意外でしたね。 きっとサポートしているのでしょうね。


かさ傘いちばん  ハッピー・ウォーキング・グッズ  梅干しと健康のかわらばん

2012年4月11日水曜日

中村勘三郎さん、橋之助さんのびっくりした話

小堺一機さん司会のテレビ「ライオンのごきげんよう」に、中村勘三郎さん、七之助さん、橋之助さんが登場しました。

この回は出張シリーズで、小堺さんが、スタジオを出て、ゲストを訪ねるという趣向で、現在公演中の「平成中村座」を訪問しました。場所は東京都浅草の隅田公園の中の、仮設劇場です。

ゲストは前記のとおりですが、本来は勘九郎さんが出演する予定のところ、襲名公演の疲労のためか、体調を崩して、弟の七之助さんがピンチヒッターに立ったということでした。

いろいろな話題がありましたが、勘三郎さんが、びっくりした話というのをご紹介します。
歌舞伎をルーマニアで公演したときのことだそうです。勘三郎さんと橋之助さんの二人が舞台で演じているとき、最前列に大変美人の婦人が乳飲み子を抱いて座っていました。その内に、婦人は胸をはだけて子供に授乳し始めました。

暫くして、子供が口を離しましたが、胸元はそのままでしたので、当然、お乳は丸見えだったということです。舞台の上からよく見えたのだそうです。

もちろん、舞台はきちんと演じていますが、勘三郎さんも橋之助さんも、どうしても目はそちらに行ってしまったそうです。

婦人は踊りの場面では膝の上で子供をあやしながら、歌舞伎を楽しんでいたとのことです。

このような事実だけでは、単なる胸ポロリの話ですが、さすがに勘三郎さんは次のように続けました。

芝居を観ながら子供にお乳をあげる行為は、江戸時代の浮世絵にも描かれていて、江戸の芝居小屋の様子を遠くルーマニアで、体験して、感激したとのことでした。なるほど!


かさ傘いちばん  ハッピー・ウォーキング・グッズ  梅干しと健康のかわらばん

2012年4月9日月曜日

SMAP香取さんが中居さんに謝罪


SMAPの香取慎吾さんが、中居正弘さんに謝罪しました。テレビ朝日「SMAPがんばりますっ」でメンバーのさまざまな素顔が紹介されましたが、その中で意外な事実が明らかにされました。

番組で、SMAP初めての交換日記が行われ、「謝罪」するというテーマで、香取さんが中居さん宛てに日記を書きました。

香取さんによると、中居さんはかなりの潔癖症だそうです。たとえば、中居さんの車に乗せてもらうときは、社内は土足厳禁で、靴を脱がなくてはならないのです。

初めは香取さんも正直に靴を脱いでいましたが、後部席に乗るので前席の中居さんからは見えません。そこでまた靴を履いていたそうです。ずーっとそうしていたのですが、中居さんには気づかれませんでした。日記では、「騙してごめんなさい」ということでした。

また、香取さんは中居さんから家に遊びにくるよう誘われ、何回もお邪魔しています。ところが中居さんは、潔癖症のために、家に入るとすぐにシャワーで体を洗うように求めるのだそうです。

香取さんとしては、そこまですることには抵抗があり、実はシャワーを流して音を聞かせて、お終りに手でちょっとだけ髪を濡らして、タオルで拭いて見せていました。一度も本当にシャワーを使ったことはないのですが、中居さんは一度も気づかなかったそうです。

日記では、車中の土足厳禁とシャワーの両方で、「中居さんを騙してごめんなさい」ということですが、中居さんは事実を知って大変悔しがっていました。

それにしても、中居さんの過剰な潔癖症は意外でしたね。


かさ傘いちばん  ハッピー・ウォーキング・グッズ  梅干しと健康のかわらばん

2012年4月8日日曜日

SMAPの香取慎吾さんとキムタクさんとの意外な関係


SMAPの香取慎吾さんとキムタクさんとの意外な関係が明らかにされました。
結成24年となるSMAPですが、テレビ朝日「SMAPがんばりますっ」でメンバーのさまざまな素顔が紹介されました。なお、この企画は2009年に1回目が放送され、今回が4回目です。

今回の番組ではSMAP初めての「交換日記」が行われ、結構興味をひく話がありました。その中から、慎吾さんがキムタクさんに宛てた感謝の日記を紹介します。

ご存知のように慎吾さんはメンバー最年少で、小学生のときからSMAPに参加しています。
香取さんは当時財布を持っていず、あるとき小銭をポケットから出したのですが、それをキムタクさんが見ていて、これを使ってくれと財布を呉れたそうです。

そして慎吾さんは、その財布を24年間も、ずっと使い続けているのです。もちろん皮はすり減ったり、破れたりして、自分でも縫ったり、修理屋に頼んだりしてきたそうですが、見た目にも、ボロボロです。こんなものを今をときめく慎吾さんが使っているとは驚きです。

本人の話では、キムタクさんからすでに似たような財布をもらっていて、今の財布がいよいよ駄目になったら、それを使う積りとのことですが、とにかくそれまでは今のを使い続けるとのことです。

慎吾さんは物を大事にする人なのでしょうが、きっと、財布そのものより尊敬する大先輩のキムタクさん、そのものを大切にしているのでしょうね。

今回の番組のなかでほかにもいい話がありましたが、メンバー間の信頼関係、絆がすばらしいことが、伝わりました。

ハッピー・ウォーキング・グッズ  かさ傘いちばん  梅干しと健康のかわらばん

2012年4月7日土曜日

中居君、石田純一さんが東尾元監督と野球対決!


スマップの中居正弘さんと俳優の石田純一さんが、東尾元監督と野球で対決しました。
6日のTBSテレビ「ぴったんこカンカン」からご紹介します。

この日の番組は、中居さんがゲストで安住アナウンサーとともに、各所を訪れるという企画でした。中居さんにはサプライズということで、行き先は秘密で、ケーシー高峰さんの寄席に飛びこんだり、銀座の母に占ってもらったりしましたが、あるグラウンドへも立ち寄ることになりました。

すると、そこにいたのは東尾元西武ライオンズ監督でした。東尾さんは往年の名投手で、その投球を、中居さんが打てるか、対決することになりました。

近くにいた学生の野球選手を集めて守備につかせ、また近くにいた人を呼んでみると、元巨人軍の槙原投手で、槙原さんに解説をお願いすることになりました。

さらに、見物していたカップルがいて、それが石田純一さんと夫人の東尾理子さんでした。東尾元監督の娘夫婦ですね。すべてが、たまたまいた人たちということですが、もちろんお膳立てどおりですね。

東尾投手は、三振も多いが四球も多いことでも知られ、果たして中居さんが、恐れずに勝負できるかと興味をもたせました。

中居さんも野球好きで草野球を楽しんでいますので、若さということか、結局レフトに見事なヒットを打ち、勝利しました。

次は、石田純一さんにも親子対決をしてもらおうということになりました。理子さんとの結婚については、長い間、父親と石田さんの関係が話題になりましたので、この野球対決も面白かったです。

東尾元監督から「自分がこの勝負に勝ったら、もうじき産まれる孫の命名権をほしい」と申し入れがあり、そうすることになりました。

石田さんも過去に野球をやっていたとのことで真剣でした。結果は、石田さんが好打しましたが、レフトフライに終り、東尾元監督が勝利し、孫の命名権を手にいれました。出来過ぎの結果ですね。

ちなみに、理子さんはどちらを応援したかと聞かれ、「初めは父親を応援したけれども、後は主人を応援しました」とのことでした。

ハッピー・ウォーキング・グッズ  かさ傘いちばん  梅干しと健康のかわらばん

2012年4月6日金曜日

ダイアモンド✡ユカイの愉快な話~NHKパーソナリティに

<!-- google_ad_section_start -->
ダイアモンド✡ユカイさんは人気ロックミュージシャンですが、近年はバラエティにも登場し、幅を広げてきました。ところがこの4月からは、NHKラジオのパーソナアリティとして週1回、出演しています。第1回目をたまたま聞きましたので、ご紹介します。<!--google_ad_section_end-->
ユカイさんのバラエティの様子は、以前の記事でも紹介したように、ロッカーとして突っ張っていますが、それもみえみえの突っ張りでほほえましいくらい、意外と真逆な反面があるように感じ、少し興味を覚えていました。
新年度の4月からNHKラジオの午前の番組が編成替えで「すっぴん」となりましたが、パーソナリティが週1回交替制で、アンカーの藤井彩子アナウンサーとともに担当することになりました。

そこでユカイさんが登場し、1回目は短時間で顔見世程度でしたが、次のような話で面白そうな期待を抱かせました。

ユカイという名前の由来ですが、本名の豊(ユタカ)から来ていて、子供のころユタカという名前が多く、区別するためにいつの間にかユタカがユカイに転じたそうです。

若いころはお酒を浴びるように飲み、食べるものもほとんど肉、朝からステーキということで、自分でもめちゃめちゃな生活だったけれども、今では朝は味噌汁、漬物が好き、見向きもしなかった甘いものも好きになったといいうことです。ロッカーも年齢のせいか、それまでが、突っ張っていただけなのか、大分変ったようです。

それから、本人が明かしたことですが、無精子症だったとのこと。今や三児の父親で、子供が可愛くてしかたがないそうですが、子供を授かるまでには大変苦労したようです。昨年「タネナシ」という本も出版していますが、同じ悩みを持つ人に役に立ちたいと、刊行したとのことです。

女性も好きなようで、「行列のできる法律相談所」で、男の欲望を「ギラッチ」と表現していましたが、その裏側ではいろいろな悩みもあったようです。

このようなことを、あの独特な話し方で、ざっくばらんに語っていました。NHKには毎週、水曜日に登場するとのことです。

かさ傘いちばん  ハッピー・ウォーキング・グッズ   梅干しと健康のかわらばん